はじめに

介護保険、障がい福祉の請求代行や給与計算の代行を請け負っている「北日本ケアサポート」の代表をしております、鷲尾和巳と申します。宜しくお願い致します。
別法人で介護、障がい者福祉の事業所も5事業所経営しております。 

「介護業界をザックリ切る話」という題目なので、いつもクライアントにはなかなか直接言えないことも言っちゃいますね

第18話「放課後デイサービス立ち上げ

〜立ち上げた後は〜

前回までのコラムを見て頂いた方は、立地、建物、採用までご理解頂けたかと思いますが今回は立ち上がってからのお話をさせて頂きたいと思います。

 

1.利用者獲得

事前にリサーチはしてもらっているかとは思いますが、改めて宣伝はしておく必要があります。宣伝、営業の仕方をお伝え致します。

まずは開業の準備や内装を手がけている段階で、その途中経過などをフェイスブックでストーリーを作る様に告知していきましょう❗️少しづつファンが出来て来て、開設前からこんなお子さんがいるんだけど、サービスは可能ですか❓など問い合わせが入ってくるかと思います。

ストーリーで開設前から語る事でファンが付いて来てくれるようになります。そんな方達はシェアをしてくれたり様々なお手伝いをしてくれるので大事にしましょう❗️

空中戦(フェイスブックやwebサイト)もそうですが、アナログな営業ももちろん必要です。

小学校や保育園、幼稚園などに挨拶周りは必須です。どちらかに通われているお子さんを預かるわけですから今後、情報交換する先になります。

あとは何と言っても相談室でしょう❗️自社の特徴を話し、メール電話で利用者さんに語りかけてもらうのです。

相手も色んな利用者さんを抱えているので、伝え方としてはただ御願いするだけでなくて、当社であれば既存の事業所に通っていて、1週間のうち複数回利用希望していた人だったり、児童発達支援で送迎が出来なくて、困っている人など、相談員の方の頭に「あの人だ❗️」というイメージを沸かせる事が出来るように伝えてください。



2.営業日

当社もまだ土日祝日はお休みですが、今後は土日祝日も営業していこうと思っております。「児童発達支援」「放課後等デイサービス」は定員が1日10名という決まりがあり、平日のみの営業だと、月平均20日ぐらいになります。稼働率が100%だとしても10名×20日=200回 1回あたりの利用料が平均9,000円ぐらいですので、180万ほどです。

これではせっかく場所も利用者さんもいるのにもったいないので、土日も営業するようにすると利益率はグッとあがります❗️

10名×30日=300回 1回あたり9,000円ですから270万がマックス売り上げになります。

土日は時間を少々短くして、放課後等デイサービスのみを受け入れる様にすれば、人件費に割合もそこまで高くなく運営出来るでしょう。

営業日は土日祝日も加味した、採用を最初からしていくとかなり早く損益分岐点まで到達するかと思います。

 

 まとめ

まだまだお伝えできないことや、伝えきれないことだらけですので気になる方は、全国どこからでもお問い合わせください。

北海道だけでは無く、地方での障がいを持ってる子供に公平なサービスが行き渡る事を祈っております。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る