このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

はじめに

介護保険、障がい福祉の請求代行や給与計算の代行を請け負っている「北日本ケアサポート」の代表をしております、鷲尾和巳と申します。宜しくお願い致します。
別法人で介護、障がい者福祉の事業所も5事業所経営しております。 

「介護業界をザックリ切る話」という題目なので、いつもクライアントにはなかなか直接言えないことも言っちゃいますね

第17話「放課後等デイサービス立ち上げ

〜採用にはどうすれば?〜

前回のコラムを見て頂いた方ならどんな場所で「児童発達支援」や「放課後等デイサービス」を開業すれば良いのかご理解頂けましたでしょうし、どんなところを借りて事業所を申請すれば良いのかも少しわかっていただけたと思います。

続きまして、リサーチ、場所も大事ですが何より大事な採用です。

どんな人をどんな方法で何人ほど採用すればいいのかという事をお伝え致します。

 

1.採用方法

前回より、地方での立ち上げが魅力的である事が少し理解頂けたかと思いますが、地方での採用に有効的な方法をお伝えしていきます。

地方だと紙媒体やwebというはあまり効果が無く、一般的にはハローワークの情報を見にいくのが常識になっております。当たり前ですが、まずはハローワークには登録しておきましょう❗️

 

そして当社が成功した事例だとSNS(フェイスブック)で採用のほとんどを行いました。常勤3名、非常勤1名の採用枠に10名ほどの応募が来ました。

介護・福祉の業界で採用倍率2倍以上というのはなかなか無いのではないでしょうか

インスタグラムは、かなり若い世代となりなかなかビジネスとして使いづらく、拡散も難しいSNSです。

フェイスブックは、使っている年齢層が若干上になり、シェアボタンひとつで拡散されることを考えると10代、20代のBtoCビジネスを除けば、フェイスブック一択になるかと思います。気になる方は「鷲尾 和巳」で検索して岩内町の広報の仕方を見てください。

フェイスブックで求人をかけた時に、岩内町でシェアを40件ほど頂いて一気に拡散され、さらに事業所の宣伝にもなりました。地方の方がSNSをよく見てるのかな❓とか思っております。横のつながりが大きいので口コミがすごいのは確かです❗️

初めてお会いした方にフェイスブックで見かけましたとよく声をかけられたものです。

 

様々な求人媒体がありますが、フェイスブックでの求人を促す行為は何が違うのかと言うと転職を考えていない人にも情報が伝わる事が求人媒体との違いです。

求人媒体というのは、転職を考えている人にしか見られませんが、SNSは違います。

ハローワークから面接に来られた方もいらっしゃいますが、SNSで発見してくれて転職するつもりはなかったけど当社に魅力を感じた方から数多く応募を頂けました。

今の自分の会社で頑張っている人が来てくれるのです。会社が嫌だとかマイナスの思いを持っている人じゃ無い人の方が将来性が見込めますので、量だけでは無く、採用の質も違います。

 

ある人は、「元々、保育士になりたかったけど家庭の事情で学校に通えなかった」と言う女性がいました。子供の世話をするところで働くのが夢でしたという面接を行いました。私の夢はスタッフの夢を叶えていく事なので、とても嬉しい気持ちになり、もちろん頑張って働いて頂いております。

 

長くなりましたが、地方での採用方法はSNSが力になってくれます、さらに補足するとその地方にインフルエンサー的な方が必ずいらっしゃいますので、捕まえて置くようにしましょう❗️



2.採用人数

上記で当社の採用人数をお伝えしましたが、このぐらいが一般的かと思います。初月から満員になる事が各自ならもう2人ぐらい非常勤を追加しても良いかもしれませんね。

当社は、常勤3名、非常勤1名に追加で車を持ち込んでくれるドライバーを外注として1名に御願いし、来月から午後の忙しい曜日に非常勤を1名プラスしました。

そんな感じで足りない場所、仕事に足して行くのが安全かと思います。

どこの市町村で運営するのか、場所はどんなところでやるのが良いのか、どの様に採用すれば良いのか❓少しづつわかって来ましたよね❓

まとめ

次回は開業してからのおはなしをしていきますので、ご期待ください❗️

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る