はじめに

介護保険、障がい福祉の請求代行や給与計算の代行を請け負っている「北日本ケアサポート」の代表をしております、鷲尾と申します。宜しくお願い致します。

ちなみに介護事業所も4事業所経営しております。

 

「介護業界をザックリ切る話」という題目なので、いつもクライアントにはなかなか直接言えないことも言っちゃいますね❗️

第3話「介護事業所において離職率が高い会社の考え」

はじめにご紹介させていただいた通り、私は介護事業所も経営しておりますが、この離職率が高い業界において当社は、3年間離職者が出ておりません❗️

北日本ケアサポートで介護事業所を数多く見てきて、スタッフの顔を見れば離職率が高いところなのか、そうではないのか❓また社長と話をしていて、離職率が高いところなのかそうじゃないところなのかがわかるようになり、自社で諸先輩たちの振る舞いを見て、参考にした結果が離職者0を実現出来ていると思っています。

第2話と第3話で特徴を少しご紹介させて頂きます。

 

離職率が高い会社の特徴→第2話にて解説

②離職率が高い社長の考え→第3話にて解説

この2つに分けて解説していきます。

 

離職率が高い社長の考え

〈社長自身が自分は偉いと思っている〉

もし偉いと思っている人でも、決して自らが偉いのでなんて言わないですよ。ただ話をしていたり、スタッフとの会話を聞いていると分かっちゃうんですよー。

部外者の私がわかるぐらいなのでいつも居るスタッフは気づいてますよー❗️私の主観が入ってしまいますが、偉い人なんています❓周りが勝手にそう思っているだけで、同じ人間で、同じ職場にいて偉いとか偉く無いとか無いんですよ❗️

社長と現場スタッフ何が違うの❓と言われたら私はこう答えます。「役割が違うだけです」だってそうじゃないですか❓仕事が違うだけなんですよ、しいて言うならあと責任ですけど、責任が大きいからと言って偉いとも思いませんしね。

お金を調達して、現場スタッフが働きやすい環境を整え、そこに資本を投下していくのが社長の大きな仕事の代表例で現場スタッフの仕事は、利用者さんに対してサービスを提供して、その分の対価を介護保険などで頂戴するんです。

現場スタッフが偉いとも思いませんが、平等です。どっちかかけてもサービスが出来ないし、働くことも出来ないんです。言ってしまえば社長はスタッフは稼いでくれたお金で食べさせてもらってるのが現実ですので、その辺忘れずに❗️スタッフも私と同じように考えていれば、偉そうな社長の元では働かないでしょうね(笑)

 

スタッフのレベルが低いといつも愚痴を言っている〉

社長とお話をしていて、「なかなかいい人が入ってこない」とか「スタッフが成長しない」とか愚痴をこぼす方がいらっしゃいますが、それをスタッフの責任にしている会社の代表のところでは人育たず、スタッフは去って行くと思います。

自分自身が成長できない会社にずっと在籍している優秀な人は居ませんからね(笑)

何が問題かと言うと、中小零細企業において、ほとんどの場合が社長より優秀な方は入社されない事を分かっていない事です。

そうです、社長が努力し自分自身のレベルをアップ毎日行い、それをみてスタッフが育っていくのです。

「いい人が入ってこない」

→自分のレベルが低いからです。

「スタッフが成長しない」

→自分が成長してないからです。

スタッフは自分の分身の術だと思ってください、なので自分がパワーアップすれば分身も強くなっていきますよ❗️

他人のせいにするよりも先に、自分自身が本当にやってますか❓

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る