褒め方でやる気が変わる?心理学に基づいた褒めるテクニックが満載!
『対人援助の現場で使える 承認する・勇気づける技術 便利帖』

 こんにちは! 北日本ケアサポートです。

 前回、承認欲求を満たす効果的な褒め方をすると、相手の行動や意欲に良い影響を与えるとご紹介しました。
  *前回はこちら→褒め方でやる気が変わる?心理学に基づいた褒めるテクニック No.1 
 今回は『対人援助の現場で使える 承認する・勇気づける技術 便利帖』に記載されている、相手を承認するテクニックをご紹介します。

アドバイス・ヒント

相手の存在を承認する5つの方法

 相手を褒めたい! と思っても、その相手が特別な『何か』をしなければ、褒められないと思っていませんか?

 本によると『存在承認(その人が存在していることに注目して関心を示すという方法)』を使うと、あなたの存在に気づいていますよ、という承認となるそうです。
 この存在承認は誰に対しても簡単に行え、本には5つの方法が紹介されています。

 1:存在を承認する
 2:気づかいの言葉をかける
 3:表情やアイコンタクトのコミュニケーションツールを使う
 4:話に耳を傾ける
 5:待ってみる

 例えば、1:存在を承認するは、こちらからあいさつをするだけでも、相手は自分の存在に気づいてくれていると感じます。その際に「〇〇さん」と名前を加えると、さらに効果的です。
 また、介護者が「〇〇さんの笑顔に、私たちは励まされています」などと、相手の存在意義を伝えるのも良いそうです。
 そのほかにも、「暑いなか、大変でしたね」と相手を思いやる言葉、相手の話を遮らずうなずく、相手の言葉を穏やかに待つ(この時には「ゆっくりでいいですよ」と声をかけると良いそうです)なども、『存在承認』となります。

 私たちも「北日本ケアサポートさん、介護請求で相談したいことが……」と名前を言われたら、解決に向けて全力でお手伝いしますよっ(๑•̀ㅂ•́)و✧ *名前を言われなくても全力で頑張ります(笑)

相手の強みを承認する6つの方法

 強みとはその人が得意とすることではなく、その人すべてが強みとなる、と本には書かれてあります。
 その承認方法が6つ紹介されています。

 1:結果をそのまま伝える
 2:具体的な行動を伝える
 3:気持ちを伝える
 4:褒めてみる
 5:任せてみる
 6:一緒に喜ぶ

 1:結果をそのまま伝える は、何を成果と捉えるかが重要だそうです。

 例えば、100%の結果が得られなかったとしても、80%まで達成できたのなら「目標達成まであと一歩、というところまで達成できましたね」と承認します。
 もしそれが、30%だったとき「0ではなく、30%だったのは何ができたからですか?」と尋ね、そのできたことを承認するそうです。
 そのほかにも
 「計画通りに実行できましたね」
 「〇〇さんのように、私も頑張ろうと思いました」
 「〇〇ができるなんて、すごいですね」
 「上手にできているので、お任せしてもよろしいですか」
 「解決できて、ほっとしましたね」
など、援助の対象者への具体的な声かけが本の中で紹介されています。

電球!マーク

 いかがでしたか?
 褒める・認めるといった承認は、言葉だけを見れば難しそうに思えます。しかし、本を読むと、特別なことをしたり、言ったりするわけではないことが分かります。
 相手に対するちょっとした気遣いや結果の捉え方を変えることで、相手を承認する種はたくさんあるようです。

 次回も『対人援助の現場で使える 承認する・勇気づける技術 便利帖』に書かれている、承認上手になるテクニックを、もう少しご紹介したいと思います!

 以上、北日本ケアサポートでした♪

*次回はこちら→褒め方でやる気が変わる?心理学に基づいた褒めるテクニック No.3

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る