みなさんこんにちは!
北日本ケアサポートです(^^♪

本日は北日本ケアサポートが行っている国保連伝送についてお話ししようと思います。

 

国保連伝送とは

国保連伝送とは、インターネット回線を使用し介護給付費請求に必要なデータを国保連に送信することを指します。
利用者様に請求した費用を除いた費用については保険者である市区町村に請求を行う必要があります。

 

CD-RFDなどで請求を行っている方もいらっしゃるかもしれませんが、現在はインターネット伝送が一般的になっています!
北日本ケアサポートでもインターネット伝送を行っていますよ(*^-^*)

 

ソフトの種類

伝送ソフトにも様々な種類があり、事業所様によってそれぞれ使用ソフトは違うのではないでしょうか?
クラウドのソフトや、インストールして行うソフトなど様々ですよね((+_+))

使い慣れたソフトから新しいものに変えるのは大変・・・
請求代行を行いたくてもソフトの変更をしなきゃいけないんじゃ・・・

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ご安心ください!

北日本ケアサポートではご依頼いただいた事業所様の使用されているソフトはそのままで代行が可能な場合もあります(^^)/

クラウドのソフトであれば、IDパスワードをお借りして指定されたソフトに打ち込みができますし、クラウドソフトではなくても遠隔操作などが可能な場合があります!

リース契約や記録関係をソフト上で行っており、変更が難しい方もまずはご相談ください!

日本の介護業界をもっと働きやすく、魅力的な業界へ!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る