『株式会社まほろば』 橋本社長

介護保険請求代行 導入までの流れ

以前は自事業所内での障がい福祉請求を行っていたのですが、返戻が多く
毎月確認の作業に追われて本当に大変でした。

入力ミスや確認不足だったり、書類の不備など色んな状況が発生していて
それを都度インターネット上や手元の資料で調べたり、国保連・市区町村の役場へ問い合わせしたりと
請求作業やその周辺業務で多くの時間を取られていました。

しかし障がい福祉事業所としては事務作業ばかりに追われるだけでは駄目なので、
他にやりたい事も多くありましたが時間に追われてなかなか出来ずじまいでした。

 

介護保険請求代行 契約後のメリット

北日本ケアサポートさんに障がい福祉請求代行をお願いしてからは、
これまでのひたすら時間と作業に追われる環境が180度変わりました。

障がい福祉事業所として集中したい仕事に注力できるようになり、生産性が上がりました。

返戻がなくなった事も大きく、ここまでの時間を今の金額で買った~と考えると
非常にお得です!

お金を払って無駄を省いて、より大きなお金を生み出す事で
より障がい福祉事業所としてプラスになるので、これからこの考えが王道になっていくように感じます。

改めて振り返ってみても本当に助かっていますので、これからもよろしくお願いします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る